TOP >> 竹久夢二美術館 >> 次回の展覧会

 

次回の展覧会

竹久夢二 描き文字のデザイン ―大正ロマンのハンドレタリング―

 大正時代を中心に活躍した画家・竹久夢二(1884-1934)は、グラフィック・デザイナーとしても才能を発揮し、数多くの図案を残しました。
 本展では、ポスター、書籍装幀、雑誌・楽譜表紙絵等の図案に展開された、夢二による描き文字のデザインを紹介します。ハンドレタリングで表現された個性的な文字に注目し、コンピューターでの制作とは異なる、描き文字ならではの魅力に迫ります。
 さらに肉筆で残された書、原稿、プライベートに残した日記と手紙の展示を通じて、夢二による多彩な文字の表現をお楽しみください。

協力:雪朱里


会   期 2023(令和5)年4月1日(土)~6月25日(日)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜日 ※ただし5月1日(月)開館
料   金 一般1000円/大・高生 900円/中・小生500円
(弥生美術館もご覧いただけます)

 


お知らせ:

ギャラリートークのご案内

4月22日(土)、5月14日(日)、6月10日(土)いずれも午後2時より、担当学芸員が展示解説を行います。(所要時間約45分)

 

 

セノオ楽譜「ドント クライ スワニイ」 1924年 「雛によする展覧会」ポスター 1931年  

 

『クロネコ』4月 1929年 セノオヤマダ楽譜「扉」 1924年

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.