TOP >> 竹久夢二美術館 >> 次回の展覧会

 

次回の展覧会

夢二好みの君が行く! 夢二式美人のひみつ

 「夢二式」や「夢二式美人」の言葉は、竹久夢二の作品に見られる個性的な表現から生まれ、今では辞書にも載るものとなりました。しかし、人気画家として活躍する以前の明治40年、初めて「夢二式」の語が使われた記録では「旅行中の竹久氏大きな信玄袋(夢二式の妙な形)に材料を満載して帰社す」(1907年<明治40年>5月28日『読売新聞』編輯日誌より)と独創的で見慣れないものを意味し、作品や美人を表す言葉ではありませんでした。

 

 後に夢二が名声を得るにつれ「夢二式」の意味も転じたと考えられますが、本展では夢二式美人の成り立ちを追いかけるとともに、大衆の心を掴んだ独特の表現に注目し、生涯を通して女性の美を探した夢二の理想に迫ります。

 当館コレクションから選りすぐりの「夢二好み」の美人たちをご鑑賞ください。


会   期 2022(令和4)年6月4日(土)~9月25日(日)
*新型コロナウイルスの影響により、会期が変更になる場合があります。
開館時間 午前10時00分~午後5時(入館は4時30分までにお願いします)
*新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります。
休 館 日 月曜日
*ただし、7月18日(月・祝)、9月19日(月・祝)開館、
 7月19日(火)、9月20日(火)休館
*新型コロナウイルスの影響により、休館日が変更になる場合があります
料   金 一般1000円/大・高生 900円/中・小生500円
(弥生美術館もご覧いただけます)

 


お知らせ:

弥生美術館所蔵 高畠華宵作品を同時展示!

若き日はおどらん 大正末~昭和初期 紙・水彩

 

高畠華宵の美人画もあわせてご覧頂けます。

 

柳美人 大正中~後期 絹本着色
名残の夕月 『令女界』昭和2年5月号 口絵

 

花火 『婦人グラフ』大正13年8月号 表紙 都より 『少女の友』明治42年11月号  口絵

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.