TOP >> 竹久夢二美術館 >> 次回の展覧会

 

次回の展覧会

夢二がいざなう大正ロマン ―100年前の文化と女性を中心に―

 今から100年前の大正時代(1912-1926)は、わずか15年の短い年月でしたが、近ごろ「大正ロマン」と呼ばれる古き良き文化や風俗が注目されています。
 本展では、大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二の芸術と自由恋愛をクローズアップしながら、同時期に花開いた抒情画、芸能、おしゃれ、文化生活を紹介します。
 加えてこの時代を過ごした年若い女性である女学生・令嬢・モダンガールにスポットを当て、彼女たちのライフスタイルや流行風俗も振り返ります。
 レトロでノスタルジックな趣に留まらず、現代にも通じる魅力に満ちた、大正ロマンの世界をご堪能ください。


会   期 2022(令和4)年1月29 日(土)~5月29日(日)
開館時間 午前10時30分~午後4時30分(入館は4時までにお願いします)
※新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります。
休 館 日 休館日/月曜日・火曜日【ただし3/21、5/2、3開館】
※新型コロナウイルスの影響により、会期、休館日が変更になる場合があります。
料   金 一般1000円/大・高生 900円/中・小生500円
(弥生美術館もご覧いただけます)
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要です。

 


お知らせ:

アンティーク着物を特別展示!

大正ロマンをイメージした、アンティーク着物コーナーを設けます。
協力:大野らふ(Ponia-pon)

 

 

竹久夢二・画「Mai」1926年(大正15) 竹久夢二・画 『新少女』秋期特輯号
表紙「テニス」
1915年(大正4)

 

竹久夢二・画 
セノオ新小唄「カチューシャの唄」
1920年(大正9)/20版
『東京朝日新聞』復興記念号 
1924年(大正13)
関東大震災の翌年に出版されたグラフ雑誌。
表紙を洋服姿のモダンガールの写真が飾り、
復興した東京の様子を紹介。

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.