TOP >> 弥生美術館 >> 開催中の展覧会

 

開催中の展覧会

大正ロマン・昭和モダンのイラストレーター 高畠華宵展 ―ジェンダーレスな まなざし―

「少年の中には少女が、少女の中には少年がいる」とも評された両性具有的な人物画を描き、少年からも、少女からも、紳士淑女からも、熱烈な支持を得た高畠華宵(たかばたけ かしょう 1888-1966)。

大正・昭和初期の出版美術界で、華宵が唯一無二の存在感を放った背景には、彼が〈男性+女性〉としての心と眼を持つ人物だったことがあります。

世間の枠にとらわれず、自らの価値観と美意識を信じ、〈ありのままの自分〉を生きた華宵。

そんな彼だからこそ描けたボーダーレスな作品世界をお楽しみください。

華宵からたくされた、美麗な原画の数々を一挙公開いたします。

協力:Ponia-pon 

協力:Ponia-pon 大野らふ


会   期 2021(令和3)年7月3日(土)~9月26日(日) 
開館時間 午前10時30分~午後4時30分(入館は4時までにお願いします)
※新型コロナウイルスの影響により、開館時間が変更になる場合があります。
休 館 日 月曜日・火曜日
※8月9日(月・祝)、9月20日(月・祝)開館
※新型コロナウイルスの影響により、休館日が変更になる場合があります。
料   金 一般1000円/大・高生 900円/中・小生500円
(竹久夢二美術館もご覧いただけます)
※入館にはオンラインによる事前予約(日時指定)が必要です。

 


お知らせ:

【新画集刊行】

展覧会に併せて高畠華宵の画集を刊行いたしました!

「高畠華宵画集 ジェンダーレスなまなざし」(内田静枝編/河出書房新社)
 単行本B5変形/ 160ページ/2021年5月30日発売予定/3,135円(本体2,850円)
 ISBN:978-4-309-29144-4 /Cコード:0071

弥生美術館が誇る高畠華宵の原画作品を一挙掲載しています!

帯はイラストレーターのマツオヒロミ先生です!

 

 

展示作品の撮影OK!

展示作品はすべて弥生美術館所蔵品で著作権保護期間も終了していますので、
全作品撮影OKです。(フラッシュ不可)

SNSへの投稿も大歓迎です。

#高畠華宵展
#takabatakekasho

 

 

【同時開催(弥生美術館3F)】

弥生美術館1F・2F会場にて高畠華宵展を開催するため、
弥生美術館3F「高畠華宵常設ルーム」は、
少年少女雑誌のふろくに関する展覧会を開催しております。
詳細は下記よりご覧下さい(当館公式Twitterへ移動します)。

「少年☆少女雑誌 ふろく花伝 ~明治から令和へ続く日本文化~」

 

「海に来て」 華宵便箋原画
大正末~昭和初期
「刺青」
大正末~昭和初期

 

「ナイル薔薇曲」挿絵原画 昭和4年 「華麗の夢」 華宵便箋表紙原画
大正末~昭和初期

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.