TOP >> 竹久夢二美術館 >> 過去の展覧会 >> 過去の展覧会詳細

 

過去の展覧会

みなさま、ごきげんよう! 竹久夢二と乙女のハイカラらいふ展 
~大正時代の女学生・職業婦人・淑女たちの憧れ~:1月3日~3月29日

乙女のハイカラらいふ

 竹久夢二(1884-1934)の活躍した大正~昭和初期は、女性文化が花開いた時代です。夢二は雑誌表紙や口絵だけでなく、少女や女性に向けた詩や読み物から身の周りのデザインまで幅広く手掛け、当時の乙女たちに趣味のよい暮らしを提案しました。大正3年(1914)に夢二が開店した「港屋絵草紙店」は、夢二デザインの小物が取り揃えられ、おしゃれな女性たちがこぞって訪れる東京名所として大変な人気を集めました。

 また大正時代は女性たちが社会進出を果たした時代でもあります。夢二の描いた女性像には、束髪に添えた大きなリボンと袴姿が注目を集めた“女学生”や、着物に白いエプロンを身に付けたカフェーの女給などの“職業婦人”が登場します。夢二の恋人・お葉はプロのモデルとして活躍しており、働く女性のさきがけといえるでしょう。

 夢二は大正期、女学生や職業婦人、さらに断髪・洋装スタイルのモダンガール等、時代を彩った女性たちの姿を幅広く描き、女性の憧れを誘いました。本展では夢二が残した雑誌口絵、デザイン、書籍装幀、文芸作品等を展観しながら、当時を生きた女性の暮らしぶりもご紹介します。


会   期 2015年1月3日(土)~3月29日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜休館
※ただし1/12(月祝)開館、翌1/13(火)休館
料   金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
(弥生美術館もご覧いただけます)

 


お知らせ:

学芸員によるギャラリー・トーク

1/11(日)、2/8(日)、3/8(日)いずれも午後3時~

※予約不要・要入館料

 

③『新少女』秋期特別号表紙「テニス」 『女学生』第4巻第4号(大正12年4月)
「テニス」『新少女』表紙 大正4年(1915) 秋季特別号 「薔薇の露」『女学生』表紙 大正12年(1923) 4月号

 

パラソルをさすお葉 256(420)
「パラソルをさすお葉」大正後期 セノオ楽譜「薔薇の花」大正15年(1926)

 

 

 

弥生美術館
 〒113-0032
 東京都文京区弥生2-4-3
 Tel 03(3812)0012
Copyright (C) 2014 Yayoi Museum & Takehisa Yumeji Museum. All rights reserved.